ホームトップ > 企業情報 > web社内報

web社内報

カテゴリーを選択 

前へ  次へ


西濃運輸野球部は、11月20日(日)に、大垣市野球複合スポーツ団の小学校6年生を対象とした少年野球教室を開催しました。当日は18チーム、124名の小学生が参加し、キャッチボールや守備練習、打撃練習などが行なわれ、打撃練習では伊藤匠主将や谷恭兵副主将が打撃の実演を行ない、スイングの速さや飛距離に小学生から驚きの声が上がっていました。

野球部が少年野球教室を開催 野球部が少年野球教室を開催 【CSR(地域・社会貢献)】 2016年11月22日


>> 続きを読む


西濃運輸では、この度、交通エコロジー・モビリティ財団が主催するエコドライブ活動コンクールにおいて、事業部門の最優秀賞である「国土交通大臣賞」を受賞しました。今回のコンクールでは、①社内インストラクター制度を導入し、具体的な運転指導をエリアごとに実施した点、②大型車の燃費が平成18年度から20%向上した点などが髙く評価されました。西濃運輸は平成18年度からエコドライブの取り組みとして、「燃費の向上」や「燃料使用量の削減」を目標に、早めのアクセルオフ、加減速の少ない運転等「エコ安全ドライブ5カ条」

エコドライブ活動コンクールにて国土交通大臣賞を受賞 エコドライブ活動コンクールにて国土交通大臣賞を受賞 【CSR(地域・社会貢献)】 2016年11月21日


>> 続きを読む


西濃運輸では、車両の運行効率向上を目的に、集配・路線兼用で運行できる、新しいタイプの大型ウイング車両を大垣支店に導入しました。従来の路線車と同様のサイズで、集配時に重宝されるウイング機能と路線接岸時に重宝されるスライド式後部扉を搭載したことで、路線車が支店・営業所で停車している昼間の時間帯に集配車として活用でき、集荷・配達、路線運行のそれぞれを1台の車両で運行可能になります。なお、この新型の大型ウイング車両に搭載されている西濃運輸が開発したスライド式後部扉は、ホーム接岸後でも開くことができる構造と

集配・路線兼用の大型ウイング車両を導入しました。 集配・路線兼用の大型ウイング車両を導入しました。 【社内活動・イベント】 2016年11月16日


>> 続きを読む


西濃運輸では、本日11月1日に70回目の創立記念日を迎え、本社では記念式が行なわれました。記念式では神谷社長から「創業者である田口利八名誉会長が基本理念として残された【労使協調体制】【礼節中心主義】【福寿草精神】の3つの宝は、今後どんな時代になっても守るべき宝である。西濃運輸が100年続く会社にするために総合物流会社を目指すことがあるべき姿であり、現状に甘んじることなく、さらに発展させる必要がある」と訓示がありました。

70回目の創立記念日を迎えました 70回目の創立記念日を迎えました 【社内活動・イベント】 2016年11月01日


>> 続きを読む


西濃運輸岐阜支店では、岐阜市内の小学校にて、3年生・6年生の児童250人を対象に、トラックの内輪差や死角を体験することを目的とした交通安全教室を開催しました。 内輪差実験では、児童それぞれが車輪に踏まれず安全だろうと思う位置へ水の入った缶を置き、実際に車両を走行させて、どの缶が車輪に接触するかを目で見ることで、内輪差を体感してもらいました。

小学校で交通安全教室を開催 小学校で交通安全教室を開催 【CSR(地域・社会貢献)】 2016年10月28日


>> 続きを読む


前へ  次へ


web社内報に関するご意見・ご感想はこちらからお寄せください 

その他輸送に関するお問合せはこちらからお寄せください