ホーム > 神明支店 路線乗務社員 横町 孝幸さん

ドライバー職採用 先輩社員紹介

神明支店路線乗務社員 横町 孝幸さん

インタビュー

西濃運輸を選んだ理由、そして、西濃運輸の魅力は何ですか?

カンガルー便のトラックはいつもトラックが綺麗です。そんなカンガルー便のドライバーになりたくて入社しました。入社当時は大型免許が無かったのでがむしゃらに練習して大型免許を取りに行き、入社3年で念願の路線乗務社員に職種変更をしました。当初は昼夜逆転の生活や、大型トラックの運転などへの不安も有りましたが、沢山の先輩方から夜走る時の注意点や高速道路での危険性、危険エリアなど沢山の事を教えて頂きました。今もその場所を走る時は先輩の事を思い出します。そんな経験豊富な先輩方が沢山いる会社だったので私も班長として20年以上も走る事ができたと思います。また、同じ業界の中でもこんなに多くの路線便を持っているのも他社には無い事だと思うし、西濃運輸の各店に宿泊施設も完備されている所も魅力です。

普段の仕事はどのような事をしていますか?

現在は、神明(神戸市)~鶴見(横浜市)のコースを週2回3名のローテーションで走っています。また、3週間に一度神明(神戸市)~名古屋西(名古屋)も走っています。各店では、全国から沢山のドライバーが来ていて東北方面からの人や関東の運転手や九州からの人、色々な人たちと話ができるのも楽しみのひとつです。今では各店の良い所を持ち帰り自分の店に広めていくのも我々の仕事です。

仕事におけるやりがいを感じたエピソードはありますか?

商品を運べば運ぶだけ給料になる事と、夜に高速を走っていて「カンガルー便」の大型車を見掛けると何故か「安心感」と「自分も頑張ろう」と言う気持ちが湧いてきます。以前にトラックの前輪がパンクした時に同僚が手伝いに来てくれて一緒にタイヤ交換をしたエピソードがあり、良い仲間が沢山いて非常に嬉しく思います。それと自分が運転しているトラックに沢山の商品が乗っている事。そしてその商品を楽しみに待っている方が居る事を思うと責任を感じ、無事荷卸しを終えた時に満足感が湧いてきます。たかが運送屋ですが自分が入社した25年前とはまったく違い「安全第一」で「時間・氣持・精度」を提供をお客様に提供している素晴らしさにやりがいと誇りを感じます。

職場の雰囲気について教えてください

神明支店は220名程の従業員と人数が多く、皆で賑やかに楽しく働いています。営業乗務社員の方や現場作業員の方とも連携を取りながら全社員で神明支店を盛り上げて頑張っています。また年一回行われる支店主宰のレクリエーションは、家族を含め300名近くが集まり毎年盛り上がるので、楽しみにしています。

後輩(今後入社を検討している方)へひと言

全国の「路線ネットワーク」を支えているのは「西濃運輸の路線乗務社員」だと思います。「たかが運送屋」ではありません。そんな経済を支えるこの業界に入社されては如何ですか?最初は慣れない仕事で不安でしょうが、サポートしてくれる優しい先輩や同僚が全国にいます。長い歴史のある会社の一員として我々と一緒に頑張りましょう。

オフのすごしかた

オフのすごしかた  普段は仕事柄留守がちなので休みの日は家族サービスに徹してます。たまに同僚とツーリングや釣りに行ったり食事をしたりして自分の時間も満喫しています。