セイノーホールディングス

セイノーグループ教育振興援助基金

セイノーグループ教育振興援助基金とは

青少年の健全育成を目的に学校教育の向上に寄与するため、信託金の運用収益の中から、岐阜県内の学校に対してスポーツ用品等の寄贈を行っています。
交付対象校は、全国大会・東海大会・県大会等での実績などを参考に、運営委員会において選考しています。

セイノーグループ教育振興援助基金
認可年月日 平成2年5月31日
認可機関 岐阜県教育委員会
委託者 セイノーホールディングス 株式会社
受託者 三菱UFJ信託銀行 株式会社

セイノーグループ教育振興援助基金贈呈式

セイノーグループ教育振興援助基金贈呈式



平成29年度セイノーグループ教育振興援助基金

交付対象校

高等学校(6校)

学校名 受賞理由
県立岐阜工業高等学校
(ボクシング)
全国高校選抜では、女子ライト級で優勝、女子フライ級で5位、男子ピン級で5位と活躍した。来年は全国高校総体のボクシング競技が岐阜市で開催されることが決定しており優勝が期待される。
県立岐阜総合学園高等学校
(男子ホッケー)
岐阜各務野高校女子ホッケー部と並び、ホッケー王国の中心的な部であり、過去には全国において数々の好成績を収めている。今回の全国高校総体では3位だった。来年は、全国高校総体のホッケー競技が各務原市で開催されることが決定しており優勝が期待される。
県立岐阜各務野高等学校
(女子ホッケー)
全国高校選抜5位、全国高校総体準優勝と団体競技ながら常に上位入賞を果たしている。昨年のリオデジャネイロオリンピックでも岐阜各務野の卒業生が代表で活躍しており、2020年東京オリンピックでも期待される。また、来年は、全国高校総体のホッケー競技が各務原市で開催されることが決定しており優勝が期待される。
私立聖マリア女学院高等学校
(アーチェリー)
団体戦では、予選1位で決勝ラウンドへ進み、決勝戦まで勝ち上がったが、惜しくも敗れた。来年は、全国高校総体のアーチェリー競技が高山市で開催されることが決定しており優勝が期待される。
県立岐阜商業高等学校
(空手道)
全国高校総体女子個人組手において、2回戦0-1でリードされるもラスト1秒で上段蹴りを決め逆転勝利。勢いに乗り準々決勝で組手団体準優勝した選手に競り勝ち見事3位を獲得した。来年は、全国高校総体の空手道競技が岐阜市で開催されることが決定しており優勝が期待される。
私立中京学院大学付属中京高等学校
(ボクシング)
全国高校総体で、ライト級で1回戦から順調に勝利し勝ち進み、準々決勝で2-3の僅差で判定負けし、3位だった。来年は、全国高校総体のボクシング競技が岐阜市で開催されることが決定しており優勝が期待される。

中学校(4校)

学校名 受賞理由
飛騨市立神岡中学校
(陸上競技)
中体連県大会では100mで2位になり、中体連東海大会に出場した。7月の県通信大会で初めて400mに挑戦し、全国大会参加標準記録を突破。翌月の全国大会では、予選・準決勝・決勝と自己新記録を更新し、決勝では49″07の県中学新記録で優勝に輝いた。
瑞浪市立瑞浪中学校
(柔道)
50㎏級で出場した中体連県大会では、安定した試合運びで優勝を果たした。同階級の中体連東海大会では、決勝戦に駒を進めるもゴールデンスコアで惜敗。全国大会では、4試合中3試合を1本で勝ち進んだ。準決勝では、優勝者に判定で敗れ3位に入賞した。
大垣市立東中学校
(柔道)
40㎏級で出場した中体連県大会では、キレのある動きで危なげなく優勝を果たした。同階級の中体連東海大会では、1回戦を1本勝ちするも、2回戦で優勝者に惜敗し、3位に入賞した。全国大会では、積極的な柔道で4試合中2試合を1本勝ちし、3位入賞を果たした。
私立帝京大学可児中学校
(水泳)
個々の高い能力を発揮し、中体連県大会では、4×100mリレーと4×100mメドレーリレーで優勝と全国大会参加標準記録を突破した。個人種目でも11の入賞があり、学校対抗でも優勝を果たした。中体連東海大会でも4×100mリレーと4×100mメドレーリレーともにチームのベスト記録を更新して優勝した。