ホーム > コラム > 情報はお金


情報はお金

2015年5月21日

お客様がお客様を自ら呼び込んでくれる口コミ。SNSなどのブログサイトを中心に、大手メーカーは重要な施策として、資産を投入して運営しています。

ですが、口コミには誰にでも起こりえる恐ろしい使われ方があります。それがステルスマーケティングです。

いわゆるステマと呼ばれ、実際の評価とは違うコメントによって、全く別の印象を植え付ける行為です。 例えば自社の商品を売るために不当に高い評価を付けたり、金銭で外部に委託し評価を上げたり、はたまた競合商品の評価を貶めるなどです。

ブログは匿名で自由に発言できる場であり、嘘だと断ずる事もできないため、無法地帯になる場合があります。だからこそ、ビジネスを成功させるためには、正しい情報を正しく解析し、根拠を持って施策を立てなければなりません。

情報はありふれている

大昔、人は対面での会話で情報を得ていました。

今は、テレビやラジオ、雑誌や本、インターネットなど、無数のソースから情報を得られる環境にあるため、得る能力よりも取捨選択する能力が必要であると言われています。

というのも、人は「情報が多いと思考停止する」性質があるそうです。だから、その情報の山を整理し、正しい形に加工しなければ、情報は無価値なのです。

ビジネスを成功させるカギは、そこにあります。では、どう整理すればいいのでしょう。
今現在、最も有効と言われているものは、ビッグデータを解析するツールの活用です。

例えば典型的な物は、WEBの閲覧履歴や販売履歴などであり、お客様の動きを掴むために良く使われています。

ECサイトであれば、どんな商品がよく見られているのか、売れる商品は何か、見られる商品と売れる商品の関係性はあるか、閲覧数は多いのに販売数が少ない理由はなにか。

ブログであれば、閲覧数が多い記事とはどんなジャンルか、同じような記事でも閲覧数に違いがあるのはなぜか、投稿者ごとの閲覧数の違いは何が原因か。

この他に、ビッグデータは物流の分野でも活用され始めており『いつ、どこに、何を、いくつ移動させる』という物流では当たり前のデータを、視点を変えて『売れ筋商品は何か、不動商品は何か』など商流の重要な情報として捉えたり、 物流現場から『画像、動画、音声』などを取得して、『出荷情報、緯度経度、日時、作業者』などと結びつけて、文字では伝えられない様子まで把握できるようになります。

このように、実はビジネスに活かせる情報は我々の周りに溢れています。上手く活用できるかどうか、それは完全に使い手の力量次第です。

情報を換金する

新しいビジネスで成功し、巨万の富を得る起業家たちの最大の武器は、他でもない情報です。今得ている情報から未来を予測し、先手を打つ事で成功を収めているのです。

ある起業家と話した事がありますが、「情報は換金できる」と話していました。

世の中に溢れている情報をどう集め、どうビジネスに活かすのか、弊社でもQlikView(クリックビューというツールを使って日々研究を続けています。

ぜひ、あなたの会社でも情報を上手に活かしてビジネスを発展させて下さい。そして「情報はお金である」を覚えておいて下さい。

セミナーを開催します

最後に、ビッグデータに関連するセミナーを紹介します。

当社として、時代の先を見据えて向かうべき方向のメッセージをお伝えすると共に、各業界の第一人者をお招きしてこれからの取組みを提言するセミナーを6月に東京、名古屋、大阪で開催します。

物流ビッグデータを活用した管理や、画像・動画・音声などの活用に加え、最新のAR(拡張現実)技術の活用など、これからの物流を解説します。

執筆 : 営業推進部 主任 A.N.