< 物流アウトソーシングを成功させるポイント|セイノー情報サービス

ホーム > 物流アウトソーシングを成功させるポイント


物流アウトソーシングを成功させるポイント

 現在、物流を取り巻く環境は、人手不足や運賃高騰など厳しい状況にあります。そのため、多くの荷主企業が物流改革に取り組んでいます。
 その手段の1つとして物流アウトソーシング(3PL)を検討している荷主企業は少なくはありません。このような荷主企業の方に、お役に立てる情報として『物流アウトソーシングを成功させるポイント』を数回に渡ってご紹介致します。物流アウトソーシングを検討中の荷主企業の方だけでなく、現在利用されている3PLサービスをうまく活用できていない荷主企業の方にとっても有益な内容となりますので、ぜひご参考にしてください。

 本コラムでは、物流アウトソーシングを成功させるポイントを、以下の4つのフェーズに分けてご紹介致します。

 1.3PL事業者選択プロセスにおけるポイント【提案依頼フェーズ】
 2.3PL事業者選択時に評価すべきポイント【提案評価フェーズ】
 3.3PL立ち上げプロセスにおけるポイント【立ち上げフェーズ】
 4.運用開始後、継続的に3PLの効果を享受するポイント【運用評価フェーズ】

物流アウトソーシングを成功させるポイント



 当社の 物流アウトソーシング の詳細はこちら

執筆者 プロフィール

 平松 智機
 株式会社セイノー情報サービス
 LLP事業部 業務クラウドグループ 課長

 様々な業種の3PLプロジェクトにおいて、コンサルタントと運営管理者の2つの立場からお客様を支援。コンサルタントとしては20社、運営管理者としては10社のプロジェクトを手掛けてきた。現在は3PL専門のコンサルタント部門のリーダーとして、3PLプロジェクトをリード。