ホーム > 早川典雄のロジの素

早川典雄のロジの素

ロジスティクスを育むロジの素

LLPコンサルタントの早川です。ロジスティクスは(自然に)育つものではなく(栄養を与えて)育てるものです。このコラムでは、「ロジスティクスを育む」をモットーに、その栄養素となる情報をお届けしています。

シーズン3 物流リソース不足時代を勝ち抜く、ロジスティクスのリビルド
      ~PSIマネジメントで、計画管理型ロジスティクスへ転換する~

ロジスティクスの目的は、「企業間競争優位」です。
しかし、物流リソース不足の真っ只中にあるいま、この目的を達成するためには、実行管理に重点が置かれてきたロジスティクス・マネジメントを「計画管理型」へ転換するリビルド(再構築)が必要になっています。

シーズン3では、物流リソース不足時代を勝ち抜く、「計画管理型ロジスティクス」を取り上げます。
具体的には、ロジスティクスの目的を達成する上で重要な取り組みとなる「在庫の一元統合化」に焦点を当て、計画(未来在庫)を可視化し、これを全社あるいは物流事業者も含む企業間で共有することによって、在庫と物流リソース活用の最適化を目指す「ロジスティクスPSIマネジメント」を考えていきます。

第1回「ロジスティクスの目的と期待
第2回「リソース不足の中身(2019年9月17日 更新)

●特別編

最新技術BRAISの活用は、物流危機を乗り越える解決策のひとつです。
物流分野における最新技術BRAISの取り組みについて、早川にインタビューしました。

 
 物流課題の解決に向けた最新技術「BRAIS」の取り組み

●シーズン2「物流の敵に勝つ、変化に勝つ」

シーズン2では、「物流の環境は、常に変化する」「物流マネジメントとは、変化に勝つこと」という認識の下、物流が本来持っている機能と役割を発揮するために必要な方法論を共有します。

●シーズン1「マッシュアップ時代のサプライチェーンロジスティクス」