ホーム > 早川典雄のロジの素 > 物流の敵に勝つ、変化に勝つ > 第3回 「物量の変動」と戦う(2)


早川典雄のロジの素

第3回 「物量の変動」と戦う(2)

2015年12月21日
取締役 物流技術担当 博士(工学)早川典雄

前回は、物流現場における物量の変動と人時生産性の可視化の基本的なことを述べました。今回は、本社物流部門、物流現場、労務管理者という立場ごとの、人時生産性の可視化や改善のニーズを整理します。

人時生産性の可視化のニーズ

管理者は、「いつ(日・時)」、「誰が(能力・所属・職種)」、「どこで(どの工程で)」、「どのくらいの時間」で作業をしているか、作業したのかを可視化したいというニーズを持っています。

管理者の立場を大別すれば、例えば、「本社物流管理(あるいは、経営層)」、「物流現場管理」、「労務管理」の3つになるでしょう。

人時生産性を可視化したいというニーズは、これら3つの立場から見ると、さらに個別のニーズに展開できます。

(1) 本社物流管理者(あるいは、経営者)のニーズ

物量は変動する

すべての物流現場における人時生産性がわかり、物流現場に対し、適切な改善指示や運営評価をしたい。

  • 物流現場の改善指示・コスト削減
    人時生産性の改善余地から、物流現場に対し要員数の改善を指示、コストを削減する
  • 物流現場の運営評価・能力向上
    人時生産性の視点で各物流現場を評価し、モチベーションを高めて、ベストプラクティスに近づける

(2) 物流現場管理者(物流センター長など)のニーズ

物量は変動する

人時生産性のベンチマークを持ち、適切な作業員数になるようコントロールしたい。

  • 作業員の適切な手配
    人時生産性のベンチマークより、翌日の物量に必要な作業の要員を手配する
  • 作業員の再配置
    予定外の物量による作業の遅延が生じないように、リアルタイムに人時生産性を把握し、工程ごとに作業員を再配置する

(3) 労務管理者のニーズ

物量は変動する

手作業による作業時間の収集、転記、分析の負担を軽減したい。

  • 労務管理システムとの連携
    把握した作業員別の作業時間を給与計算の基礎情報として利用することで、タイムカードを代替する
  • 労務情報の一元管理
    点在する労務管理ドキュメント(エクセルなど)を廃止・集約することで、管理レベルを高め、人時生産性に応じた賃金への見直しを促進する

日報(紙)による記録の限界

それぞれの立場のニーズを満たし、物流現場における人時生産性を平準化するためには、まず、正しい作業時間・作業量の収集が必要です。そのために、以下の3つを実施します。

  1. 収集する作業を定義する(入荷・出荷・検品・梱包・加工・5S...)
  2. 定義した作業の時間を取得する
  3. 定義した作業の作業量を取得する(受注件数、出荷明細数...)

このように、正しい作業時間・作業量を収集するためには、日報の記録を用いた作業時間・作業量の収集だけでは限界があることは明らかです。

今回は、本社物流管理者、物流現場管理者、労務管理者の3つの立場から、人時生産性の可視化や改善ニーズを整理しました。次回以降では、人時生産性のリアルタイムな可視化を実現する方法を検討していきます。