ホーム > 早川典雄のロジの素 > 物流の敵に勝つ、変化に勝つ > 第2回 「物量の変動」と戦う(1)


早川典雄のロジの素

第2回 「物量の変動」と戦う(1)

2015年11月27日
取締役 物流技術担当 博士(工学)早川典雄

今回のコラムは、「物量の変動」を「敵=勝つ対象」としてスタートしたいと思います。物量は、季節、月間、曜日、日々、もっと言えば、1日のうちでも時間ごとに変動します。図1は、物量の変動の例として、あるメーカーの日々の物量(出荷明細数)を1年間に渡って示したものです。

物量は変動する

物量の変動と人時生産性を可視化する

物流現場における人時生産性(作業員1人の1時間あたりの生産能力)を高める必要があることに異論はないと思います。また、人時生産性は、物量が多ければ高くなり、少なければ低くなることは、皆さんがすでに気づいていること、体験していることです。
各業種において、この図1で示したような日々の物量の変動に対する物流現場の人時生産性は、どうなっているのでしょうか。

図2~4は、変動する物量に対するピッキング工程の人時生産性の実例です。
これらは、当社の人時生産性改善ソリューション「FLabor(フレイバー」を用いて、作業時間と人時生産性を可視化しています。

「日別の作業量」と「日別の人時生産性」の変動に注目してください。

物量は変動する

いずれも、人時生産性は、物量が多ければ高くなり、少なければ低くなっています。先に述べた「皆さんがすでに気づいていること、体験していること」を裏付けた(可視化した)ことになります。