ホーム > WMSの選び方


WMSの選び方

人手不足への対応や物流コストの削減、作業品質の向上など倉庫現場の業務には、さまざまな悩みがあります。この悩みを解決する1つの方法として、WMSの活用があります。
今WMSのリプレースや導入を検討している方、選定に迷われている方に向けてWMS選定のコツをご紹介します。多くのWMS構築を手掛けてきたコンサルタントだから語れる、一般的には気づけないポイントを、機能面だけでなく、導入、導入後まで幅広く解説します。

WMSの選び方

WMSの選び方
 Vo.1 WMS導入の目的と業務改善 

 2019.09.26




WMSの選び方
 Vo.2 WMSに必要な機能 

 2019.10.10




 Comming soon..

 Vol.3 WMS導入の注意点と導入後のサポート
 Vol.4 物流全体を見据えたWMSの位置づけ
 Vol.5 AIやロボットとWMS
 Vol.6 クラウドサービスの安全性

当社のWMSの詳細はこちら

執筆者 プロフィール

田中 弘樹
株式会社セイノー情報サービス
LLP事業部 ITクラウドグループ 部長

セイノー情報サービスに入社以来、20年以上物流業務システムの構築に携わる。
主な専門領域は倉庫管理で、製造、卸売業、小売業、3PL(倉庫業)など、およそ30社のWMS構築をプロジェクトマネージャーとして手掛けてきた。
ロジスティクス経営士も取得しており、常に経営目線の改革に取り組んでいる。


 導入事例
 ・庫内要員50%削減、誤出荷率20万分の1
   導入企業:オカモト通商様(倉庫業)
 ・現場作業人員10%・事務作業人員50%削減
   導入企業:西川ロジスティクス様(物流業)
 ・システム整備で新規顧客獲得
   導入企業:秋元運輸倉庫株式会社様
   (運輸・倉庫業)
 ・ITによるかんばん方式の高度化 生産性が24%向上,誤出荷ゼロを実現
   導入企業:丸栄ニューウェーブ株式会社様
   (運輸・倉庫業)