ホーム > 積水化学/ユニット生産・輸送の広域最適化

積水化学/ユニット生産・輸送の広域最適化

2017年04月03日

積水化学工業は3月27日、住宅カンパニーが関東、中部、近畿の三大都市圏の4生産会社を統合し、広域生産会社として運営を一元化すると発表した。

運営一元化の目的は、生産の機動性向上を図ることで、地域ごとの量的なバラつきや変動への迅速な対応とユニット輸送の最適化を図り、ロスコストの削減を目指す。

生産技術の強化と生産技術者の育成強化や組織効率の向上を図る。

住宅カンパニーでは、2014年度より「お客様や地域に開かれた工場」「良質な作業環境の工場」を目的に、全国8生産工場において工場の魅力化計画を実施している。

各工場を顧客がより見学しやすいものにするとともに、工作ロボットの導入とそれによる自動化や、建築現場作業を工場内へ取込むことで工場生産化率の極大化を図り、また従業員の作業環境改善と地域の防災拠点化などを進めている。

■統合会社の概要
統合会社名:セキスイハイム工業
資本金:5億円(積水化学工業100%出資)
社員数:1148名
事業内容:セキスイハイム及びセキスイツーユーホームのユニット生産・供給、セキスイハイム及びセキスイツーユーホーム用部品製造
本社所在地:埼玉県蓮田市黒浜3535
供給エリア:関東地方、中部地方、近畿地方

2017年04月03日 その他のニュース

伊藤忠商事/日本アクセス専用の物流センター着工
政府/自動車運転業務、労働時間を段階的短縮へ
アスクル/物流センター火災で3月度月次業績9.0%減
コープネット事業連合/物流センター内に従業員向け託児所設置

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です