ホーム > 物流ITニュース > タカラスタンダード/30億円投じ、福岡に物流センター竣工

タカラスタンダード/30億円投じ、福岡に物流センター竣工

2017年05月01日

タカラスタンダードは4月26日、福岡県鞍手郡の鞍手工場内に30億円投じて、福岡物流センターを完成し、5月8日から本格稼動すると発表した。

新物流センターは、トラックの着車が可能なトラックバースを建物の3面に設置したことで、商品の入出庫作業が同時に行えるようになり、トラックの待機時間削減や作業効率の向上を目指した高回転の物流施設となる。

高床式倉庫で、トラックバースの形状をL型にすることにより大型車両の入出庫、特に推進しているパレット輸送に効果を発揮する。

2階から5階には構内作業が迅速に行えるように垂直搬送機と連結した自動倉庫を配備。

自動倉庫は垂直搬送機と連結し、到着したトラックに積込む商品を自動的に選んで1階に降ろすことが可能。

保管設備として移動式ラック(1400パレット)、デジタルピッキングシステムを備えている。

施設全体として、延床面積は従来の2倍となり、十分な保管スペースが確保され、出荷能力・保管能力ともに今後の受注量増加に対応できる体制となった。

1日当たりの出荷能力は約1.2倍に増強され、タカラスタンダードが目標とする「完全自社倉庫対応化」に向けて大きな前進となった。

なお、福岡物流センターは、おもに九州エリアにおけるリフォームやマンションの建設現場などへ、一般住宅やマンションなどの集合住宅向け商品の配送を行っている。

■概要
住所:福岡県鞍手郡鞍手町大字中山字重見155-16、177-10
延床面積:約2万4200m2
階層:5フロア

2017年05月01日 その他のニュース

アスクル/LOHACO専用の物流センター「ASKUL Value Center日高」、稼働
伊藤園/物流本部を改編
米Boeing社/航空機部品管理に富士通のRFID採用
セブン-イレブン、セイノーHD/御用聞き・お届けサービスで業務提携

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です