ホーム > 物流ITニュース > クオール/物流センターで不動在庫を半減

クオール/物流センターで不動在庫を半減

2017年05月29日

調剤薬局大手のクオールが5月23日に発表した2017年3月期決算説明会資料によると、2018年3月期はグループ内在庫の全体最適化目指すとして、在庫管理強化を今後の事業展開の柱の一つにする。

物流センターを通じ不動在庫が半減(グループ内効率消化)したが、2018年3月期はIT情報の活用による在庫の最適化を目指す。

2017年05月29日 その他のニュース

ダイキン/495億円投じ、米テキサスに新工場開所、物流拠点も統合
公取委/荷主と物流事業者間の問題取引のおそれ、代金の支払遅延が最多
日本生命/東大阪市に3.8万m2の物流施設建設へ
国分/深センと上海に物流センター新設

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です