ホーム > 物流ITニュース > 国分/深センと上海に物流センター新設

国分/深センと上海に物流センター新設

2017年05月29日

国分グループ本社は5月19日、中国の低温物流を担う子会社、イ坊三慧物流と、国分の関連会社、上海恒孚物流が、物流センターを相次いで新設したと発表した。

三慧物流は、山東省(青島)に2か所、広東省(深セン)に1か所物流センターを配置しているが、広東省での事業拡大・取引先の増加に伴い、既存の広東省の拠点を移転し、物流センターを新設した。

深セン地区、広州地区を中心としたエリアでの、少量・多品種・多店舗・365日の三温度帯物流を展開・推進し、中国での安全・安心な物流の実現に向け、一層の物流品質向上を目指すとしている。

上海恒孚物流は、今後拡大が予想される上海エリアのコールドチェーン物流のニーズに応えるため、嘉定区で運営していた2つの物流センターを集約し、大型三温度帯物流センターを新設した。

既に子会社として展開しているイ坊三慧物流と連携を取り、国分グループの中国物流事業展開を加速させる。


■センター概要
名称:イ坊三慧物流深セン分公司コールドチェーン物流センター)
所在地:深セン市宝安区沙井街道
TEL:0755-2320-3657
対応カテゴリー:冷凍食品、チルド、生鮮、加工食品、菓子、酒類、日用品など
敷地面積:5000m2
建設延床面積:4800m2
 冷凍庫:1000m2
 冷蔵庫:300m2
 常温庫:1300m2
 常温庫(2F):1800m2
 事務所:200m2
 バース:200m2
配送エリア:深セン市、広州市、東莞市、恵州市、中山市、珠海市、佛山市
稼働日:2017年4月1日

名称:上海恒孚物流嘉定コールドチェーン物流センター
所在地:上海市嘉定区
TEL:(86)21-5165-6753
対応カテゴリー:冷凍食品、チルド、生鮮、加工食品、菓子、酒類、日用品など
敷地面積:3万3000m2
建設延床面積:2万m2
 冷凍エリア:6000m2、チルドエリア1000m2
 定温エリア:5000m2(生鮮、荷受エリア含む)
 常温エリア:6500m2その他(事務所、食堂、宿舎、発電エリア等含む)
 配送エリア:上海市、蘇州市、杭州市、無錫市
稼働日:2017年5月1日

2017年05月29日 その他のニュース

ダイキン/495億円投じ、米テキサスに新工場開所、物流拠点も統合
公取委/荷主と物流事業者間の問題取引のおそれ、代金の支払遅延が最多
日本生命/東大阪市に3.8万m2の物流施設建設へ
クオール/物流センターで不動在庫を半減

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です