ホーム > 物流ITニュース > スタートトゥデイ/2018年秋に物流センター「ZOZOBASE」拡張、計25万m2に

スタートトゥデイ/2018年秋に物流センター「ZOZOBASE」拡張、計25万m2に

2017年07月03日

スタートトゥデイは6月29日、今後の商品取扱規模の拡大を見込み、フルフィルメント業務全般を行う物流センター「ZOZOBASE(ゾゾベース)」を2018年秋に拡張すると発表した。

今回の拡張では、プロロジスが開発する大型物流施設「プロロジスパークつくば1」の全フロア(約70,000m2)を新たに賃借する。

施設の新築工事は今年8月より開始し、2018年秋の本格稼働を目指し、それに先駆けて千葉県印西市の「プロロジスパーク千葉ニュータウン」の一部(約5.8万m2)を今年7月から新たに賃借する。

これらの拡張により、物流拠点規模は2018年秋頃に合計約25万m2となる見込み。

■プロロジスパークつくば1 計画概要
開発地:茨城県つくば市東光台
敷地面積:約32,800m2
計画延床面積:約70,000m2
構造:地上4階建

2017年07月03日 その他のニュース

板橋トラックターミナル/全面再開発
PALTEC/物流業務をアルプス物流にアウトソーシング
国交省/総合物流施策大綱で「強い物流」実現の提言まとまる
レンゴー/段ボール原紙、段ボール製品値上げ

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です