ホーム > 物流ITニュース > 公取委/近畿地区の百貨店に、配送料金の独禁法違反の疑いで立入検査

公取委/近畿地区の百貨店に、配送料金の独禁法違反の疑いで立入検査

2017年07月24日

公正取引委員会は7月19日、近畿地区に店舗を有する百貨店らに対して配送料金に関し独占禁止法違反の疑いがあるとして、立ち入り検査を行った。

立入検査について、確認できたのは、阪急阪神百貨店、高島屋と高島屋サービス、大丸松坂屋百貨店、そごう・西武、近鉄百貨店、京阪百貨店。

各社とも検査に全面的に協力すると説明している。

2017年07月24日 その他のニュース

三井不動産/関東に5棟、大阪に1棟の物流施設を開発
パナソニック/ベルギーの物流ソリューション企業を買収
オリックス・レンテック/自動搬送ロボットのレンタル開始
NEXCO中日本/東名と新東名の休憩施設の大型車ます不足を解消へ

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です