ホーム > 物流ITニュース > 出光興産、昭和シェル石油/物流分野での統合シナジー効果先取り

出光興産、昭和シェル石油/物流分野での統合シナジー効果先取り

2017年07月30日

出光興産と昭和シェル石油は7月26日、ブライターエナジーアライアンスでの協働事業の一つとして、 ブライターエナジーアライアンスステッカーを貼付したタンクローリーの運行を開始した。

取り組みは、 統合シナジー効果先取り項目の物流分野におけるもので、配送効率化として今年秋からの出荷基地の相互利用開始に先駆けて、アライアンスステッカー貼付ローリーの運行を開始する。

両社の協働事業は原油調達、供給、調達、社会貢献活動等で既にスタートしているが、物流分野での活動としては、最初の取り組みとなる。

また、運行開始にあたり7月26日、両社社長をはじめとする関係者が出光興産東京油槽所に集い、アライアンスローリーの出発を祝った。

出光興産の月岡社長は、「5月9日に開始したブライターエナジーアライアンスは順調に進捗している。 当アライアンスのステッカーを貼った両社のローリーが、日本のエネルギーセキュリティ、環境負荷低減に貢献していく姿を、より多くの方に知っていただきたいと思っている」と述べた。

昭和シェル石油の亀岡社長は「今後、さまざまな分野において協働事業の具現化が進んでいく。今回を皮切りに、顧客や販売店・特約店をはじめとする多くのステークホルダーにアライアンスの進捗を感じていただけるよう両社一丸となって活動を推進していく」と話した。

2017年07月30日 その他のニュース

住友商事/千趣会の物流子会社の株式、51%取得
日立建機/サービスパーツの在庫最適化ソリューション採用
ブラザー工業/保守部品在庫最適化ソリューションを採用
イオン、サッポロ/RORO船(貨物船)を利用した共同運航開始

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です