ホーム > 物流ITニュース > イオン、サッポロ/RORO船(貨物船)を利用した共同運航開始

イオン、サッポロ/RORO船(貨物船)を利用した共同運航開始

2017年07月30日

イオン子会社で物流を担うイオングローバルSCMとサッポロ グループの物流を担うサッポログループ物流は7月24日、中部と九州間においてRORO船(貨物船)を利用した共同運航を開始すると発表した。

イオン側は、福岡県内のトップバリュ生産工場から大分港、清水港の海上ルートを使用して、西関東RDC・北関東RDCへ商品を納品する。

サッポロ側は、静岡県内のサッポロ委託先工場より清水港、大分港の海上ルートを使用して、佐賀県内の物流センターへ商品を納品する。

RORO船の共同運航により、トラックによる陸上輸送と比較して大量輸送が可能となり、港での積み替え作業を必要としない陸上と海上の接続を円滑に実施することによるコストの削減(イオン約15%、サッポロ約6%)を実現する。

実車率が向上し、効率的な輸送で運行本数が削減されることにより、トラック輸送に対してCO2の排出量が約50%削減できる。

震災、災害対応時の陸上輸送(トラック・鉄道)に変わる輸送手段の確保や長時間運転の解消によるドライバーの労務管理の改善も図れる。

RORO船(貨物船)共同運航の取り組みは、イオンの低炭素社会の実現に向けた活動の一環で、効率的な輸送を実現することにより、環境負荷の少ない物流システムの構築に取り組むもの。

サッポログループとイオングローバルSCM社とは、2015年11月から長野⇒墨田間の鉄道輸送の共同化(日曜臨時列車)の協業を開始し、これまで継続運用している。

2017年07月30日 その他のニュース

住友商事/千趣会の物流子会社の株式、51%取得
出光興産、昭和シェル石油/物流分野での統合シナジー効果先取り
日立建機/サービスパーツの在庫最適化ソリューション採用
ブラザー工業/保守部品在庫最適化ソリューションを採用

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です