ホーム > 物流ITニュース > 味の素/川崎事業所内新包装工場の稼働開始、物流効率の向上図る

味の素/川崎事業所内新包装工場の稼働開始、物流効率の向上図る

2017年08月14日

味の素と味の素パッケージングは8月7日、神奈川県川崎市のA・PAC社関東工場の老朽化に伴い、昨年に着工した新工場(関東包装工場)の稼働を順次開始した。

これまで分散していた包装場を1か所に集約し、工場内のライン数を大幅に削減するとともにロボット等の活用による自動化を推進することで、生産性(一人当たり)を従来の約1.7倍に高める。

食の安全を保証する品質保証体制を強化し、一部工程において「JIA食品生産システム認証審査」に対応する。

新工場では、今後も生産現場での新たなロボット導入による自動化や、ICTの活用による帳票類の電子化、稼働状況の「見える化」等を積極的に進め、更なる生産性の向上を目指すとともに、品質管理の徹底を図る。

A・PAC社は国内に3工場を有する味の素グループの包装機能会社で、関東工場は同社最大の拠点。工場内の包装場は6か所に分散され、かつラインが多岐にわたり手作業も多いことから生産効率が低く、生産年齢人口減少に伴う労働力確保も課題となっていた。

新工場は、販売品種や包装仕様の見直し等によりライン数を大幅に削減し、1か所に集約するとともにロボット等の活用による自動化を推進し、従来に比べ生産性(一人当たり)を約1.7倍に高める。

具体的には包装工程において、仕様の異なる2ラインの対応を1台で行う多機能型ロボットを導入し、省投資、省スペースでの自動化を実現した。

加えて、最終包装製品を集荷する際、無人搬送車を導入することで工場内の人の移動を容易にし、設備レイアウトの自由度を高めた。また、従来の味の素川崎事業所の東側から、物流センターの隣接地に移設し、物流効率の向上を図った。

さらに工場内のゾーン管理によりコンタミネーション(汚染)や異物混入を排除するとともに、工場内外に品質保証カメラを設置し、入場管理を徹底することによって品質保証体制を強化する。併せて、市場が伸長しているスポーツサプリメント「アミノバイタル」の包装工程ではJIA認証にも対応する。

なお、新工場には見学通路を設け、2018年1月より味の素川崎工場見学「味の素」コースに組み込む予定だ。

■新包装工場概要
名称:味の素パッケージング 関東包装工場
所在地:神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-1
建物:建築面積 6100m2、延床面積 9670m2、鉄骨構造3階建
包装品目:調味料類(「味の素」「ほんだし」等)、甘味料(「パルスイート」等)、アミノ酸スポーツサプリメント(「アミノバイタル」等)他
包装能力:約240万ケース/年
設備投資額:約48億円(建物、設備、工事費等)

2017年08月14日 その他のニュース

住友大阪セメント、デンカ/物流合理化会社設立
国交省/新型航空保冷コンテナの研究開発に着手、ヤマト運輸が参画
貨物自動車運送約款、トラック運送の下請・荷主取引ガイドライン/改正
カルビー/馬鈴薯不足で物流費増加

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です