ホーム > 物流ITニュース > カルビー/馬鈴薯不足で物流費増加

カルビー/馬鈴薯不足で物流費増加

2017年08月14日

カルビーが8月3日に発表した2018年3月期第1四半期決算説明会資料によると、物流費は41億6800万円(前年同期比2.2%増)だった。

売上高に対する物流費の構成比は7.4%となり、前期の6.6%から大幅に上昇した。

営業利益分析では、物流費が4億3600万円増加した。

昨年夏の北海道台風被害による馬鈴薯不足が発生し、輸入馬鈴薯を使用したポテトチップスを西日本から全国へ配送したため、国内配送費が増加したとしている。

通期計画の物流費では、170億円とし、構成比は6.5%としている。

2017年08月14日 その他のニュース

住友大阪セメント、デンカ/物流合理化会社設立
国交省/新型航空保冷コンテナの研究開発に着手、ヤマト運輸が参画
味の素/川崎事業所内新包装工場の稼働開始、物流効率の向上図る
貨物自動車運送約款、トラック運送の下請・荷主取引ガイドライン/改正

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です