ホーム > 物流ITニュース > 味の素AGF/賞味期限を年月日から年月に変更、物流効率化目指す

味の素AGF/賞味期限を年月日から年月に変更、物流効率化目指す

2017年08月21日

味の素AGFは8月17日、賞味期限表示の「年月日」から「年月」への変更とそれに伴う賞味期間の延長を、7月1日より順次実施し、2017年度中に約9割、2018年度中の完了を予定していると発表した。

製・配・販連携によるサプライチェーン全体にわたるフードロス削減や物流効率化への貢献を目指す。

AGFは、賞味期間が9か月以上の家庭用製品162品目の賞味期限を「年月」表示へ変更し、併せて賞味期間を延長する。

これにより、店舗や倉庫での管理対象ロット数の減少や保管スペースの極小化等のオペレーションの簡素化が期待できるとしている。

2017年08月21日 その他のニュース

厚労省/トラックの労基法違反事業場83.3%
イトーヨーカ堂/動態管理システムを導入し、配送業務を大幅改善
九州自動車道/情報板に「ミサイル落下情報通行止」を誤表示
住友商事/米国トラック輸送市場の次世代デジタルマッチング事業者へ出資

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です