ホーム > 物流ITニュース > 九州自動車道/情報板に「ミサイル落下情報通行止」を誤表示

貨九州自動車道/情報板に「ミサイル落下情報通行止」を誤表示

2017年08月21日

西日本高速道路(NEXCO西日本)8月16日、九州自動車道西都IC、宮崎西IC、清武ICの高速道路本線部に設置している情報板に8月15日午後6時41分ごろ、誤った情報「ミサイル落下情報通行止」、「ミサイル発射情報あり」を表示したと発表した。

東九州自動車道 西都IC、宮崎西IC、清武ICの高速道路本線部に設置された情報板において、「ミサイル落下情報通行止」を午後6時41分から午後6時57分までの16分間、「ミサイル発射情報あり」を午後6時57分から午後7時01分までの4分間、誤った情報を表示してしまったもの。

原因は、情報板へ新規項目の登録と表示に関する試験調整をしている中での人為的ミスにより、誤って現地の情報板に表示をさせてしまったもの。

今後は、情報板への表示に関する試験調整作業時においては、作業手順の徹底を図り、このような事象を二度と起こさないよう努めてる。



2017年08月21日 その他のニュース

味の素AGF/賞味期限を年月日から年月に変更、物流効率化目指す
厚労省/トラックの労基法違反事業場83.3%
イトーヨーカ堂/動態管理システムを導入し、配送業務を大幅改善
住友商事/米国トラック輸送市場の次世代デジタルマッチング事業者へ出資

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です