ホーム > 物流ITニュース > やまや/自動発注システムの全店稼働で合理化

やまや/自動発注システムの全店稼働で合理化

2017年08月28日

酒類・食品・飲料などを発売する小売店チェーンのやまやは、需要動向から自社倉庫、国内外メーカーと同社間のロジスティックスまでを貫く全般的な自動発注システムが全店で稼働し、その精度アップを継続している。 また、閉店後に行っていた棚卸業務を営業中に行えるようにし、コストに直結する物流的な直輸入直販など流通合理化によるPB商品、輸入商品は、値上げを回避し、EDLP・エブリデー・ロープライスの実現を図っている。

2017年08月28日 その他のニュース

運輸・倉庫の正社員不足/2.8ポイント増の60.9%
ミニストップ/オペレーション改革本部を新設で物流部を配置
ヒアリの女王アリ/埼玉県狭山市の事業者敷地内で確認
ディーエムエス/物流センターを移転開設し、売上高28億円目指す

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です