ホーム > 物流ITニュース > ディーエムエス/物流センターを移転開設し、売上高28億円目指す

ディーエムエス/物流センターを移転開設し、売上高28億円目指す

2017年08月28日

ダイレクト・マーケティングのトータルサービスを行っているディーエムエスは8月23日、物流センターを移転開設すると発表した。

ディーエムエスは2015年4月より、川島ロジスティクスセンターを開設し、荷主企業の通販事業に必要な受注から出荷までを一括して請負う「通販物流サービス」と、サンプリング、キャンペーン、販促品・用度品などの「販促物流サービス」を提供してきた。

しかし、事業の拡大が順調に進んでいることから、さらなる業容の拡大を図るため、物流センターを増床の上で新たに開設する。

移転により、現川島ロジスティクスセンターの約1.5倍の有効スペースを確保できる。

現川島ロジスティクスセンターの近隣に所在し、公共交通機関からのアクセスも改善するため、既存従業者の継続雇用及び新規従業者の確保に有利であるとしている。

新物流センターでは、物流事業の拡大により中長期的に売上高28億円規模を目指す。

■新物流センター概要
開設時期(予定):2018年2月1日
賃貸人:RW川島特定目的会社
建物の名称:レッドウッド川島ディストリビューションセンター
所在地:埼玉県比企郡川島町大字戸守字仙元北 678-1
面積:同社賃借分2万2728m2
立地:圏央道川島ICから4㎞、東武東上線高坂駅から3.5㎞
契約形態:定期建物賃貸借契約

2017年08月28日 その他のニュース

運輸・倉庫の正社員不足/2.8ポイント増の60.9%
ミニストップ/オペレーション改革本部を新設で物流部を配置
やまや/自動発注システムの全店稼働で合理化
ヒアリの女王アリ/埼玉県狭山市の事業者敷地内で確認

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です