ホーム > 物流ITニュース > イオン/中部エリアの総菜センター開設、拠点集約で物流効率向上

イオン/中部エリアの総菜センター開設、拠点集約で物流効率向上

2017年09月11日

イオンは9月5日、愛知県一宮市に新施設「イオン 中部デリカセンター」の稼働を開始した。

高まる惣菜需要を受け、中部エリアにおける生鮮・デリカの製造加工・配送を担うPCセンター内に惣菜の製造に特化した「中部デリカセンター」を開設したもの。

従来、委託先工場で製造していたものを集約し、弁当で人気のハンバーグを新鮮な挽きたて牛肉パティで作るなど、新デリカセンターでは生鮮加工センターと併設することを活かし、素材の鮮度にこだわったイオン独自の商品製造を行う。

200品目以上の製造基地を供給エリアに配置することで、地域に合わせたメニューや味付けもスピーディーに商品化し、値打ち価格で提供する。

これまで他エリアの委託先工場で製造していた一部商品も新デリカセンターに集約することで物流効率を上げる。

供給店舗は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県の「イオン」「イオンスタイル」73店舗で順次、中部エリアを中心としたグループ会社への供給も行う。

■中部デリカセンター施設概要
所在地:愛知県一宮市明地字南茱之木25-1「イオンフードサプライ 中部センター」内
敷地面積:3,476m2

2017年09月11日 その他のニュース

アスクル/大阪・吹田に同社最大の物流センター竣工、防火設備増強
きくや美粧堂/TRC物流ビルB棟に東日本物流拠点開設
アマゾン/八王子に3.7万m2の物流拠点、11月稼働
三菱地所/名古屋市内に8万m2のマルチテナント型物流施設着工

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です