ホーム > 物流ITニュース > 三菱地所物流リート投資法人/東証不動産投資信託証券市場に上場

三菱地所物流リート投資法人/東証不動産投資信託証券市場に上場

2017年09月18日

三菱地所物流リート投資法人(投資法人)は9月14日、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場した。

投資法人は、三菱地所をスポンサーとした、物流施設を主な投資対象とする投資法人であり、その資産の運用は、三菱地所投資顧問が行う。

東京・丸の内をはじめとする「まちづくり」によって得た信頼を基盤とする三菱地所グループの総合力を活かし、物流施設事業を取り巻く環境変化に適応することによって、我が国における物流プラットフォームの一翼を担うとともに、人々の生活を支える物流機能の発展に貢献する、としている。

投資法人は、日本最大級の総合デベロッパーである三菱地所及び2001年の設立以来豊富な不動産ファンドの運用実績を有する不動産アセットマネージャーである三菱地所投資顧問の両社の強みをハイブリッド活用し、「立地」、「建物特性」及び「安定性」に着眼して、テナントニーズを捉えた競争力の高い物流施設への厳選投資を通じ、質の高いポートフォリオの構築と着実かつ安定的な資産運用を図り、投資主価値の最大化を目指す。

2017年09月18日 その他のニュース

ZMP、凸版印刷/ロボとICタグの無人棚卸ソリューション開発
三井不動産/MFLP船橋1にICT関連機器16種類揃え、「ICT LABO」開設
奥村組、オイレス工業/パレットの積荷落下を防ぐ免震装置開発
アスクル/ロジスティクス事業の売上高7.8%増、営業損失1億600万円

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です