ホーム > 物流ITニュース > サントリー/茶・スポーツ飲料の賞味期限「年月表示」変更、物流効率化

サントリー/茶・スポーツ飲料の賞味期限「年月表示」変更、物流効率化

2017年09月25日

サントリー食品インターナショナルは2018年1月より順次、「伊右衛門」、「ヨーグリーナ&サントリー天然水」、「GREEN DA・KA・RA」など、「茶・フレーバーウォーター・スポーツ飲料」の賞味期間8~11か月の商品について、賞味期限を「年月日表示」から「年月表示」に変更する。

同社商品の約90%が2018年末には「年月表示」に移行する。

2013年5月より、「天然水(2リットル)」において、年月表示を開始。2014年6月から、缶コーヒー「BOSS」、「烏龍茶」、「天然水(550ml)」などのペットボトル商品、「デカビタC」などの瓶商品を含め、全商品の60%となる、賞味期間12か月以上の約30ブランド・150アイテムの「年月表示」への移行を実施している。

今回の取り組みにより、更なる食品ロスの削減、物流の効率化に伴うCO2排出量の削減など、環境負荷の低減を目指す。

2017年09月25日 その他のニュース

物流系の平均時給/67か月連続アップ、構内作業は4.9%増
物流システム機器生産出荷売上/調査開始以降最高の4625億円
関西スーパー/物流子会社を社名変更
三菱ふそう/世界初の量産電気小型トラック「eCanter」発表

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です