ホーム > 物流ITニュース > いすゞ/デジタル運行記録計不具合でリコール、後付け含め1.4万台

いすゞ/デジタル運行記録計不具合でリコール、後付け含め1.4万台

2017年10月10日

いすゞ自動車は10月5日、国土交通省にギガ他のリコールを届け出た。

不具合の部分は運行記録計。

デジタル式運行記録計(自TDII-6)を搭載した車両において、それぞれのデジタル式運行記録計を特定するための識別符号(ID)が重複しているものがある。そのため、同一の利用者でこの識別符号(ID)が重複した場合、利用者ソフトウェアで運行データを表示することができない。

リコール対象車は、ギガ、フォワード、エルフのトラック計5752台とともに、後付け部品として、みまもりくんコントローラ(デジタル式運行記録計自TDII-6、2007年4月26日~2017年7月31日出荷期間)を組付けられた車両が特定できないもの8992台。不具合の件数は1件、事故はなし。

全車両、デジタル式運行記録計の識別符号(ID)を点検し、重複した識別符号(ID)を使用している場合は、新たな識別符号(ID)に書き換える。

2017年10月16日 その他のニュース

ファーストリテイリング/物流費・人件費増で国内ユニクロ減益
ABCマート/物流費7.61%増の28.9億円
農業総合研究所/デリカフーズHDと業務提携、物流センターを共有
イズミ/競争力の強化に物流コストの削減挙げる

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です