ホーム > 物流ITニュース > ニトリHD/500億円投じ、埼玉県幸手市に延床15.7万m2の物流センター新設

ニトリHD/500億円投じ、埼玉県幸手市に延床15.7万m2の物流センター新設

2017年10月23日

ニトリホールディングスとホームロジスティクスは10月16日、埼玉県幸手市の取得済み用地で、国内最大級となる大型物流センター幸手DC(仮称)を新設すると発表した。

北海道を除く東日本全域(現時点で170店舗)に供給する。

最新のマテハン機器導入で定点作業、搬送距離短縮を実現するとともに、立体駐車場、充実したアメニティ設備・施設を併設する。

国内最大規模の延床面積にさまざまな物流機能を集約し、敷地内にコンテナの一時保管・取扱スペースを設け、作業を平準化する。

着工時期は2018年秋、竣工時期は2020年夏を予定している。

■物件の概要
住所:埼玉県幸手市大字神扇字五反割753-1
構造:RC+S造、免震構造、地上4階建
敷地面積:10万6439m2
延床面積:約15万7000m2
投資金額:約500億円(土地、建物、機械・設備、その他含む)
設備の概要
パレット自動倉庫
クレーン台数:83台
保管パレット枚数:約6.6万枚
ケース自動倉庫
シャトル台数:240台
保管ケース数:約 5.7万個
多関節ロボット台数:54台

2017年10月23日 その他のニュース

セブン-イレブン/三菱ふそうのEVトラック、店舗配送に導入
アダストリア/茨城県に大型物流センター建設へ
日本生協連/宅配事業を通じ、地域見守り協定、全市区町村数の58.7%
ニチレイロジ/「トラック事前予約システム」運用開始

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です