ホーム > 物流ITニュース > クボタ/100億円投じ、米国カンザス州に新物流拠点

クボタ/100億円投じ、米国カンザス州に新物流拠点

2017年10月30日

クボタは10月24日、米国販売子会社「クボタトラクターコーポレーション」(KTC)は、米国中央部のカンザス州に新物流拠点を設立すると発表した。

新物流拠点は畑作用大型トラクタ・建機市場の中心である中西部に近く、かつ米国全域への交通利便性が高い米国中央部カンザスに自社の中央倉庫を新設することにより、より最適且つ効率的な製品・部品供給体制の構築を目指す。

加えて、中西部支店を合わせて新設することでこの地区での営業体制の整備も行い、トレーニングを含むディーラーサポート体制の強化により新規ディーラ開拓・育成を促進していく。

今後、新物流拠点の設立を通じて、最適な物流網の再編を推進し、米国での継続的な事業拡大を推進するとしている。

■新物流拠点の概要
名称:NADC(North American Distribution Center)
所在地:現KTC/North American Distribution Center周辺(カンザスシティ近郊)
面積:敷地82.2万m2、建屋(平屋建て)18.6万m2 総投資額:約100億円

2017年10月30日 その他のニュース

モノタロウ/北海道に物流拠点開設、12月から本格稼働
ヤオコー/埼玉県熊谷市に延床3.6万m2の物流センター開設
日野自動車/青梅部品センター移転、補給部品供給リードタイムを短縮
大庄/新物流センター、大田区に来年6月稼働

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です