ホーム > 物流ITニュース > ヤオコー/埼玉県熊谷市に延床3.6万m2の物流センター開設

ヤオコー/埼玉県熊谷市に延床3.6万m2の物流センター開設

2017年10月30日

ヤオコーは10月25日、埼玉県熊谷市に「ヤオコー熊谷物流センター」を開設する。

敷地8.8万m2、2階建て、延床3.6万m2の規模で、将来の出店戦略・出店戦略を見据えた戦略的在庫拠点の構築を図った。

全体合理化の推進のため、作業・納品にかかわる業務工数をトータルで削減し、配送距離・時間の短縮による納品品質の向上を図るとともに、納品カテゴリーの充実により、店舗における陳列工数を低減する。

新物流センター開設により、中期目標である「売上高5000億円、店舗数250店舗」へ向けて更なる体制強化を図る。

■ヤオコー熊谷物流センターの概要
所在地:埼玉県熊谷市千代703-1
TEL:048-539-1870(代表)
敷地面積:8万8762m2
建築面積:2万588m2
延床面積:3万6429m2
建物構造:S造 地上2階建て
機能
グロッサリーセンター:在庫型(一般食品、酒類)通過型(住居、菓子)ワイン定温管理
稼働日:2017年11月13日
配送店舗数:稼働時49店舗(70店舗対応可能)
延床面積:1万6883m2
チルドセンター:通過型(生鮮、日配、デリカ)青果加工
稼働日:2017年10月25日
配送店舗数:稼働時24店舗(50店舗対応可能)
延床面積:1万3394m2

2017年10月30日 その他のニュース

モノタロウ/北海道に物流拠点開設、12月から本格稼働
クボタ/100億円投じ、米国カンザス州に新物流拠点
日野自動車/青梅部品センター移転、補給部品供給リードタイムを短縮
大庄/新物流センター、大田区に来年6月稼働

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です