ホーム > 物流ITニュース > 大庄/新物流センター、大田区に来年6月稼働

大庄/新物流センター、大田区に来年6月稼働

2017年10月30日

大庄は10月20日、新物流センターを2018年6月から稼働すると発表した。

新物流センター(D・S・Lヘッドクォーター)は、東京都大田区東糀谷に2018年5月に竣工し、6月から稼働する。新基幹システムを稼働し、新物流センターの倉庫管理システムとも連携する。

最新鋭のマテハン機器導入による自動仕分け・コンベア搬送を実現する。また、同業他店の「ディストリビュータ(供給業社)という位置付けで事業拡大を図る。

ディ・エス物流による3PL物流事業をセンター施設内で取組み、そのシナジー効果として外販事業を拡大していく方針だ。

■新物流センター
場所:東京都大田区東糀谷6-1-25
敷地面積:8390.07m2
建築面積:3966.94m2
延床面積:1万3861.14m2

2017年10月30日 その他のニュース

モノタロウ/北海道に物流拠点開設、12月から本格稼働
クボタ/100億円投じ、米国カンザス州に新物流拠点
ヤオコー/埼玉県熊谷市に延床3.6万m2の物流センター開設
日野自動車/青梅部品センター移転、補給部品供給リードタイムを短縮

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です