ホーム > 物流ITニュース > スタートトゥディ/送料自由の試験導入結果受け、送料一律200円に変更

スタートトゥディ/送料自由の試験導入結果受け、送料一律200円に変更

2017年11月06日

スタートトゥディは10月30日、送料自由の試験導入結果を受け、11月1日から送料を「一律200円」に変更すると発表した。

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」は、10月1日より顧客の都合や気持ち、諸事情に合わせて自由に送料を設定できる「送料自由」を試験的に実施してきた結果、設定された送料の平均は96円(税込)、送料0円が設定された注文の割合は43%だった。

この結果を受け、「送料は無料が当たり前」という認識が一定数ある一方、「送料は有料であり、相当の負担をして当然」という考えがある事が分かり、その割合はおよそ半数ずつだった。そして、意見を平均すると100円程度の送料を希望している事が分かったもの。

これを受け、スタートトゥディとしては、送料は本来無料ではなく有料である事の社会的認知を広げながら、出来る限り顧客の希望である送料100円程度での配送を実現するための企業努力を惜しまないとしている。
具体的な施策として、「送料無料」という表現の使用を今後やめ、基本的にはすべての注文で一律の送料を頂戴する事とする。

また、引き続き、物流全般の効率化や機械化をはかり、顧客の希望である100円程度の送料負担に少しでも近づけるよう、企業努力を継続するとしている。

2017年11月06日 その他のニュース

中部飼料/60億円投じ、釧路市に新工場建設、運賃コスト削減狙い
国交省/標準貨物利用運送約款を改正
伊藤忠食品/全国約200か所の物流センター、再編を検討
警視庁/トランプ大統領来日に伴う交通規制、11月5日~11月7日

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です