ホーム > 物流ITニュース > 国交省/標準貨物利用運送約款を改正

国交省/標準貨物利用運送約款を改正

2017年11月06日

国土交通省は10月30日、貨物利用運送事業における適正運賃及び料金の収受を推進するため、標準貨物利用運送約款の改正を行うと発表した。

貨物自動車運送事業は、適正運賃及び料金の収受を推進するため、すでに標準貨物自動車運送約款等を改正し、運送の対価としての「運賃」と運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境を整備した。

今回、貨物自動車運送事業を利用して事業を行う貨物利用運送事業においても、同様の改正を行う。

標準貨物自動車利用運送約款と標準鉄道利用運送約款について、改正を行うことにより、運送の対価としての「運賃」と運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境を整備する。

改正は、運送状等の記載事項として「積込料」、「取卸料」、「待機時間料」等の料金の具体例を規定する。

料金として積込み又は取卸しに対する対価を「積込料」と「取卸料」とし、荷待ちに対する対価を「待機時間料」と規定する。

さらに、附帯業務の内容として「横持ち」等を明確化等となっている。

スケジュールは告示の交付が10月30日、告示の施行が11月4日。

2017年11月06日 その他のニュース

中部飼料/60億円投じ、釧路市に新工場建設、運賃コスト削減狙い
スタートトゥディ/送料自由の試験導入結果受け、送料一律200円に変更
伊藤忠食品/全国約200か所の物流センター、再編を検討
警視庁/トランプ大統領来日に伴う交通規制、11月5日~11月7日

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です