ホーム > 物流ITニュース > 日本ハム/90億円を投じ、各拠点のセンター機能整理

日本ハム/90億円を投じ、各拠点のセンター機能整理

2017年11月13日

日本ハムは11月8日、「業績概要および新中期経営計画パート5の進捗」を発表し、加工事業本部で国内事業の持続的な収益力強化するとし、90億円を投じ、各拠点のセンター機能を整理する。

物流環境が厳しい中、社外、グループとの共配に取組み、新たなビジネスモデルを確立する。大量保管、大量輸送で効率化を図るとしている。

投資額は関東・中部エリアでの金額。共配ビジネスを確立するとし、フロンガス等の環境問題、自動倉庫の導入で人手不足問題にも対応し、他社の配送も請け負い、業界内の効率性を高める。

また、グループ内物流でシナジー効果を生むとして、他事業部との連携を進め、ニッポンハムグループの相乗効果を追求する。

さらに、規模のメリットを追求する。

2017年11月13日 その他のニュース

アスクル/「ASKUL Logi PARK 首都圏」など物流施設、204億円で譲渡
宝酒造/物流子会社をファンドに全株式譲渡
NEC/在庫部品の削減、欠品防止の両立にAI活用の需要予測開始
国交省/長野県伊那市で、物流事業者による荷物等のドローン輸送実験

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です