ホーム > 物流ITニュース > 国交省/長野県伊那市で、物流事業者による荷物等のドローン輸送実験

国交省/長野県伊那市で、物流事業者による荷物等のドローン輸送実験

2017年11月13日

国土交通省は11月6日、 物流用ドローンポートシステムを使用した、物流事業者による荷物等の輸送実験を行い、同システムの統合検証を11月13日に実施すると発表した。

場所と日時は、長野県伊那市長谷地区(美和郵便局~道の駅南アルプスむら長谷)で、11月13日午前10時00分~12時00分まで。

実施主体は国土交通省、ブルーイノベーション、東京大学、 実施協力が伊那市、日本郵便、自律制御システム研究所、NTTドコモ。

2017年11月13日 その他のニュース

アスクル/「ASKUL Logi PARK 首都圏」など物流施設、204億円で譲渡
宝酒造/物流子会社をファンドに全株式譲渡
日本ハム/90億円を投じ、各拠点のセンター機能整理
NEC/在庫部品の削減、欠品防止の両立にAI活用の需要予測開始

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です