ホーム > 物流ITニュース > サンゲツ/物流コスト増加

サンゲツ/物流コスト増加

2017年11月20日

サンゲツの2018年3月期第2四半期決算によると、物流拠点の新設や統廃合を進めているが、基幹システムの再構築費用、人件費や輸配送コストの上昇などにより、販売費及び一般管理費が増加している。

値上、物量増、拠点間輸送開始で4億9000万円、倉庫の原状回復で2億7000万円、中部ロジスティクスセンターII開設で2億円のコスト増となっている。

2017年11月20日 その他のニュース

エバラ食品/栃木県に6000m2の物流センター開設
東邦HD/大田区平和島に5万m2の物流施設開設、設備投資60億円
国交省/関係団体に対し車輪脱落事故防止で確認徹底を指示
アマゾン/八王子市の新物流センター、開業延期

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です