ホーム > 物流ITニュース > ユースキン製薬/4億円投じ、富山に物流センターを2018年1月稼働

ユースキン製薬/4億円投じ、富山に物流センターを2018年1月稼働

2017年11月27日

ユースキン製薬は2018年1月竣工を予定し、富山県富山市の富山八尾中核工業団地内に、「富山物流センター」を建設している。

神奈川県川崎市の配送センターと富山県富山市の富山工場の機能を集約し、2018年1月の稼働開始を目指す。

主力製品の「ユースキンA」は今年で発売60周年。多様化する時代のニーズに応えるため、災害の少ない富山へ生産物流拠点を集約し、高品質な製品の安定供給を目指す。

■概要
名称:富山物流センター
住所:富山県富山市八尾町保内3-2(富山工場敷地内)
延べ床面積:3368m2
構造:鉄骨造、1階建て
総投資額:4億円
着工:2017年7月
竣工:2018年1月

2017年11月27日 その他のニュース

ヨドバシカメラ/配達遅延を解消
アマゾン/出品者への物流サービス手数料改定を延期
アスクル/トラスコ オレンジブック、16万点のスピード配送エリア拡大
安倍首相/「物流ネットワーク整備が重要」、経済財政諮問会議で発言

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です