ホーム > 物流ITニュース > アスクル/調達、物流、配送の高度自動化を推進

アスクル/調達、物流、配送の高度自動化を推進

2017年12月04日

アスクルは11月30日、CEO直轄の組織としてて「フューチャープラットフォームアーキテクチャ」を設立するに伴い組織変更を発表した。

フューチャープラットフォームアーキテクチャ配下には、プロキュアメント本部、ロジスティクス本部、デリバリーネットワーク本部、プロダクション本部、インフォメーション テクノロジー本部、カスタマーサービス本部とそれらの領域におけるテクノロジーセンターを新設。

グループとして一体運営することにより、ビッグデータ、AI、ロボティクス等の最新テクノロジーをフル活用し、調達、物流、配送、CS、UI/UXの高度自動化を推進し、生産性の飛躍的な向上を目指す。

2017年12月04日 その他のニュース

よつ葉生協/物流センター再編で、物流施設増設
年末年始の高速道路の渋滞予測/10㎞以上の渋滞は下り線63回、上り線100回
愛知県港湾物流ビジョン/完成車物流640億円、輸送コスト削減へ
資生堂/サプライチェーン領域を抜本的改革

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です