ホーム > 物流ITニュース > よつ葉生協/物流センター再編で、物流施設増設

よつ葉生協/物流センター再編で、物流施設増設

2017年12月04日

栃木県を中心に地産地消に取り組むよつ葉生活協同組合は11月29日、「よつ葉生協小山センター再編計画」を発表した。

再編計画の基本構想から着工までのコンストラクション・マネジメントをプラスPMに委託し、事業推進や基本計画策定、建設費の抑制と品質向上に取り組んだ。

既存物流センターを稼働しながら隣地に新築工事を行い、一部の機能を移転。その後、既存センターの改修を行い、要冷センターの拡充を図る。実施設計施工者として群馬県前橋市のヤマトを選定した。

敷地面積約9600m2、再編後の延床面積約3200m2で11月より実施設計を行い、2018年3月着工、2018年12月の全体引渡しを目指している。

■「よつ葉生協小山センター再編計画」建設工事概要
所在地:栃木県小山市大字粟宮字東道上1186-4他
構造:鉄骨造
階数:2階建て(既存本部棟は平屋建)
延床面積:約3200m2
建築面積:約2700m2
敷地面積:約9600m2

2017年12月04日 その他のニュース

アスクル/調達、物流、配送の高度自動化を推進
年末年始の高速道路の渋滞予測/10㎞以上の渋滞は下り線63回、上り線100回
愛知県港湾物流ビジョン/完成車物流640億円、輸送コスト削減へ
資生堂/サプライチェーン領域を抜本的改革

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です