ホーム > 物流ITニュース > 東京エレクトロン宮城/宮城県に2.4万m2の新物流棟竣工

東京エレクトロン宮城/宮城県に2.4万m2の新物流棟竣工

2018年01月15日

東京エレクトロン宮城は1月11日、宮城県黒川郡大和町の本社工場敷地内に建設していた新物流棟が竣工したと発表した。

東京エレクトロン宮城が生産するエッチング装置は、今後も市場の大きな成長が見込まれる。

新物流棟の竣工を機に、生産効率の最大化を図り、顧客の期待を超えるものづくりの推進とともに、今後も社会への貢献に努めていくとしている。

■新物流棟の概要
所在地:宮城県黒川郡大和町テクノヒルズ1番
建築面積:1万4780m2
延床面積:2万4690m2
構造:鉄骨造
階数:地上2階

2018年01月15日 その他のニュース

日用品業界でのトラック待機時間解消/実証実験、ライオンが参加
物流施設需要/拡大するECと省人化ニーズにより拡大
良品計画/3~11月の物流費、13.74%増の113億円
ケーヨー/商品計画推進統括部新設、物流部を管轄

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です