ホーム > 物流ITニュース > ソフトバンク/5Gを利用し、トラックの隊列走行の実証実験推進

ソフトバンク/5Gを利用し、トラックの隊列走行の実証実験推進

2018年01月22日

ソフトバンクは1月16日、グループのSBドライブ、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ、華為技術日本などと連携し、2017年12月から茨城県つくば市で実証実験を開始しているが、今後さらなる精度向上を目指し、引き続き実験を推進していくと発表した。

ソフトバンクは、5G移動通信システムが持つ「低遅延」「高信頼」の無線能力を生かして、トラックの隊列走行時の車両間や、車両と運行管制センター間の通信に5G移動通信技術を適用し、その実用化に向けて技術検証、実証評価を行う。

なお、ソフトバンクは、総務省の「高速移動時において1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」において、トラックの隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)、車両の遠隔監視、遠隔操作の実証実験を推進するに当たり、4.7GHz帯、28GHz帯における第5世代(5G)移動通信システムの実験試験局免許を取得している。

2018年01月22日 その他のニュース

日立ハイテクノロジーズ/保守部品在庫最適化システム導入
ANAグループ/貨物専用機による北九州路線開設
キャンドゥ/物流費14.3%増の4.9億円
国交省、経産省/新東名でトラック隊列走行実験を開始

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です