ホーム > 物流ITニュース > アサヒ飲料/群馬県に3.4万m2の配送センター竣工、投資額55億円

アサヒ飲料/群馬県に3.4万m2の配送センター竣工、投資額55億円

2018年01月29日

アサヒ飲料/群馬県に3.4万m2の配送センター竣工、投資額55億円

アサヒ飲料は1月19日、群馬工場の隣接地にアサヒ飲料で最大の規模を誇る「アサヒ飲料群馬配送センター」を竣工した。

群馬配送センターへの設備投資は、群馬工場での生産数量の増加に伴う保管能力の増強や北関東エリアでの物流効率化や環境負荷低減を目的としたもの。

  投資額は約55億円(センター、事務所棟、駐車場含む)。稼働効果として群馬工場で生産した商品を保管するために近隣で賃借していた倉庫を返却・集約し、北関東エリアでの物流機能の効率化が図れる。

保管拠点を集約することで、年間1万1000台程度のトラック輸送の削減が見込まれるためドライバー不足などの社会的課題の解決に繋がる。また、車両台数の削減効果により、CO2排出量削減は年間で約23tを見込まれるため環境負荷低減に繋がる、としている。

■概要
名称:アサヒ飲料群馬配送センター
所在地:群馬県館林市下早川田町字道513-3
敷地面積
駐車場:約2万8000m2
倉庫・事務所:約5万6000m2
倉庫面積
1階:約1万8150m2
2階:約1万6500m2
合計:約3万4650m2
構造:鉄骨造 2階建
特長:全天候型入出庫スペース、自走式スロープで2階へ直接接車
最大保管数量:約170万箱
最大入出荷数量:約250台(大型トラック換算)
出荷エリア:北関東エリア
(群馬県全域、栃木県全域、長野県全域、埼玉県北部、茨城県西部)

2018年01月29日 その他のニュース

NTT、マイクロソフト/労働力不足解決するIoT、物流倉庫で実証実験
小口保冷輸送/日本主導で国際規格の発行目指す
トラック隊列走行/新東名で実証実験開始、2022年に商業化目指す
ホウスイ/81億円で埼玉県川島町で物流センター建設

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です