ホーム > 物流ITニュース > 伊藤園/賞味期限の「年月表示」、全アイテムの8割に

伊藤園/賞味期限の「年月表示」、全アイテムの8割に

2018年03月05日

伊藤園は、飲料(ドリンク)製品について従来から一部製品において賞味期限の「年月表示」への移行を行っていたが、今年1月より対象製品を拡大し、順次移行している。 この取組みにより、全アイテムの約8割が「年月表示」となり、食品ロスの軽減・物流効率化に伴うCO2排出量の削減による環境負荷軽減、店舗や倉庫での管理対象ロット数の減少や保管スペース縮小などの作業効率化による生産性向上を見込んでいる。

2018年03月05日 その他のニュース

国分/釧路に総合センター、川口にフードサービス専用センター新設
村田機械/スウェーデンの無人搬送車メーカー買収
NEC、日本気象協会/「卸・物流」企業の在庫の最適化で協業
ANA、NCA/戦略的業務提携、航空貨物スペースを有効活用へ

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です