ホーム > 物流ITニュース > ABEJA/走行中のヒヤリ・ハット検出するAI開発

ABEJA/走行中のヒヤリ・ハット検出するAI開発

2019年03月11日

ABEJA(アベジャ)は3月5日、大手物流会社と共同でドライバーの走行中の車両データからヒヤリ・ハット状態の検出を行うAIモデルを開発したと発表した。

ABEJAのPaaS(Platform as a Service)技術「ABEJA Platform」上で開発したもの。

AIモデルでドライバーの走行データを解析し、ヒヤリ・ハット状態を検知することで、走行時の危険状況をドライバーと管理者にフィードバックするSSCV(スマート安全運行管理システム)上の機能として、日立物流のSSCVとAPI連携し、4月から関連会社などへの提供を予定している。

ABEJAは、AIの開発・運用に必要不可欠な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習のプロセスを最小化するPaaS技術「ABEJA Platform」をコアサービスとし、あらゆる業界で一貫したAIの導入、活用支援を行っており、これまで150社以上の本番運用実績を有している。

2019年03月11日 その他のニュース

JD.com/京東物流コンサルティングサービスを開始
国交省/過疎地域でのドローン物流ビジネスモデルを検討
フェデックス/小売企業向けの自律式配達ロボットを発表
アルペン/次世代物流プラットフォーム稼働%

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です