ホーム > 物流ITニュース > アイ・オー・データ/石川県能美市に1.6万m2の自社物流センター竣工

アイ・オー・データ/石川県能美市に1.6万m2の自社物流センター竣工

2019年03月25日

アイ・オー・データ機器は3月16日、石川県能美市の能美市吉原釜屋産業団地に延床面積1.6万m2の「能美物流センター」を竣工したと発表した。

同センターは自社物件で投資総額25億円。金沢市の本社から車で片道約20分の距離。現在、本社近郊の10か所に分散している在庫を集約するもので、4月いっぱいを目途に、新製品を中心に新倉庫を稼働して集約していく。既存10か所の倉庫はすべて賃貸倉庫で、それらは順次契約解除していく方針だ。

■概要
名称:アイ・オー・データ機器 能美物流センター
住所:石川県能美市吉原釜屋町1街区1
敷地面積:1万7424m2
延床面積:1万6064m2(1階:8312m2 2階:7752m2)
構造:鉄骨造、地上2階
総工費:約25億円

2019年03月25日 その他のニュース

経団連/政府に規制改革要望、トラック運行管理の点呼にロボット活用を
PALTAC/最新鋭物流拠点にAIピースピッキングロボット導入
東京ガス/AIを活用したLPガス容器配送計画最適化システム発売
アルフレッサHD/販売・物流のネットワークで中国企業と業務提携

     このニュースは、弊社サイト向けに特別編集された、LNEWS提供の記事です