ホーム > 新着情報 > 「マッシュアップ時代のサプライチェーン・ロジスティクス」発刊


「マッシュアップ時代のサプライチェーン・ロジスティクス」発刊

2014年11月5日

社長挨拶

1984年、弊社は西濃運輸株式会社(現、セイノーホールディングス株式会社)の電算室から分離独立する形で設立され、今年で30周年を迎えました。

この間、一貫して「より高度な情報化社会の実現」を使命に掲げ、お客様の企業価値向上に尽力してまいりました。

また、LLP(リード・ロジスティクス・プロバイダー)として、常に「お客様にとっての価値は何か」の目線で、企業間や企業内にあるサプライチェーンの効率化から物流現場の業務改善に至るまで、物流技術や情報技術を駆使した「ロジスティクスサービス」を幅広く提供してまいりました。

本書は、サプライチェーンにおけるロジスティクスの活動やこれを支えるITについて、わかりやすく解説しております。

この中で、マッシュアップ型のロジスティクス・イノベーションをコンセプトに、新たなロジスティクスサービスの姿を展望しております。

企業経営者、ロジスティクス部門の方々、そして、次世代を担う学生の皆さん、また、物流と決して無縁ではない一般消費者の皆さんにとって参考になることを願っております。

ぜひ一度、本書を手に取りお読みいただけたら、幸いでございます。

株式会社セイノー情報サービス 代表取締役社長 臼井功

著者によるワンポイント解説

著者の「取締役 物流技術担当 博士(工学)早川典雄」が、本書を各章ごとに解説します。2014年12月から連載を開始しますので、ぜひ定期的にご覧下さい。

メルマガ会員にはメルマガでご案内しますので、ぜひご登録下さい。

マテリアルフロー

  • 第1章 ロジスティクスの実現が企業価値を高める
  • 第2章 ロジスティクスIT経営がビジネスを高サイクル化する
  • 第3章 サプライチェーンをロジスティクス・クラウドでつなぐ
  • 第4章 モバイルの浸透でリアルタイムにビジネスが動く
  • 第5章 ビッグデータ&アナリティクスを物流革新に活かす
  • 第6章 在庫マネジメントがROAを高める
  • 第7章 物流センターのQCDを改善する
  • 第8章 物流技術アウトソーシングが変化対応力を育む