ホーム > 新着情報 > 愛徳会「S-1グランプリ」3年連続で最優秀賞を受賞


愛徳会「S-1グランプリ」
3年連続で最優秀賞を受賞

2014年11月28日(金)

愛徳会S-1グランプリ

セイノー情報サービスは、2014年11月20日に開催されました「S-1グランプリ」の全国大会に出場し、弊社 中部営業部の大須賀聡が最優秀賞に選ばれました。弊社としては、3年連続の受賞となります。

「S-1グランプリ」は、日本IBMのビジネスパートナー会である愛徳会により年に一度開催されます。
全国のビジネスパートナーの代表者が自社の導入事例を発表することで、優れたソリューションを横展開し、IBMパートナー間の協業によるビジネス拡大を図るとともに、各社の販売活動のヒントを得るためのイベントです。

審査は、ソリューションの先進性やお客様満足度、営業プロセスでの創意工夫、他社への展開の可能性、そしてプレゼンテーション技能などを基準に、IBMおよび愛徳会役員らで構成された審査員によって採点されます。

愛徳会S-1グランプリ 大須賀は、社内予選、厳しい地区予選を勝ち抜き、9名で争われる本選で、見事「最優秀賞」を受賞しました。
プレゼンテーションの内容は、全国に配送拠点を構える大手鉄鋼業のお客様に、輸配送管理 CLOUD ASPITSを導入し、「最重要課題である納品遵守率100%への対応」や「人件費約1,000万/月の削減」を達成した事例でした。

導入したソリューション

輸配送管理システム ASPITS

愛徳会サイトへ http://www.aitokukai.com