ホーム > 新着情報 > 「俺のクラウド」に物流現場の働き方改革を支援する新サービス


JBCC、サトー、セイノー情報サービスの3社が協業「俺のクラウド」に物流現場の働き方改革を支援する新サービス

2017年12月19日
JBCC株式会社
JBCCホールディングス株式会社
株式会社サトー
株式会社セイノー情報サービス

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田 隆司)の事業会社でJBグループ(*1)の中核事業会社であるJBCC株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司、以下JBCC)と、株式会社サトー(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小瀧 龍太郎、以下サトー)、株式会社セイノー情報サービス(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:鳥居 保徳、以下セイノー情報サービス)の3社は共同で、物流現場の働き方改革を支援するサービスを「俺のクラウド」(*2)で本日より提供することを発表します。

インターネット通販市場の拡大などにより物流量は急激に増加し、物流現場では慢性的な人員不足、長時間労働が課題となっています。 物流業界における問題の解決を目指し、数多くの業務開発の実績があるJBCCと、西濃運輸のグループ会社として培った業務知識や技術で物流ITサービスを提供するセイノー情報サービス、現場で人やモノの動きと情報をつなぐ自動認識ソリューションを手掛けるサトーの3社がそれぞれの強みを活かし、JBCCのEcoシステムクラウドサービス「俺のクラウド」のラインナップに、セイノー情報サービスの倉庫管理システム「SLIMS」と、サトーの庫内業務改善ソリューション「VisualWarehouse」を新たに加え、運用付きクラウドサービスとして提供します。既にサービス中の「NX販売支援」とも連携し、受注処理から入出荷作業まで、物流業務をトータルにサポートします。

これらのサービスを活用することで、業務プロセスの最適化や作業の標準化を実現し、業務経験に依存しない多様な人材活用を可能にします。また、適材適所の人員配置、作業の属人化の排除、省人化実現にも寄与し、物流現場における働き方改革に貢献します。

「俺のクラウド」では、多様な雇用形態に対応した勤怠管理サービスから、AIを活用した業務支援ソリューションまで幅広いサービスを用意しており、物流現場の業務改革をトータルでサポートします。

俺のクラウド 提供サービス一覧

     物流現場の働き方改革を支援するクラウドサービス