ホーム > 新着情報 > 長崎市にBRAIS開発拠点を開設


長崎市にBRAIS開発拠点を開設

2019年8月7日(水)

株式会社セイノー情報サービス(本社/岐阜県大垣市、社長/鳥居保徳)は、長崎市内にBRAIS(Big Data、Robot、AI、IoT、Sharing)に関するソリューションの開発拠点「長崎ラボ(仮称)」を開設します。

物流業界の人手不足は深刻化しており、いまや物流危機とまでいわれる状況にあります。
当社は、労働者やトラックなど限りあるリソースを最適化し、生産性を向上させることが課題解決に不可欠であると考え、リソースマッチングによる積載率の向上、ダイナミックプライシングによる荷量の平準化、ロボットの活用による業務の省人化などに取り組んでいます。これらの取り組みに欠かせないのがBRAISであり、BRAISを活用したソリューションの開発体制をさらに強化するため、本拠点を開設することになりました。2020年4月をめどにデポ(小規模拠点)を開設、その後、2021年10月の事業開始に合わせて正式拠点を開設する計画です。

本拠点の所在地となる長崎県は、県総出でIT人材の育成に取り組んでいます。当社は、長崎県をはじめとした自治体や県内教育機関と連携し、高度IT人材の採用によって開発体制をさらに拡充して、社会課題の解決を目指していきます。

<拠点の概要>
名称:株式会社セイノー情報サービス 長崎ラボ(仮称)
所在地:長崎市内
開設時期:2020年4月(予定)
人員体制:5年後に社員20人

  お問い合わせ先
   株式会社セイノー情報サービス 総務部  TEL:0584-73-8888