ホーム > 新着情報 > 内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム」の研究開発項目に選定


内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム」の研究開発項目に選定

2019年12月11日(水)

 株式会社セイノー情報サービスが提案した「商流・物流データプラットフォーム(地域型モデル実証実験)」が、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」第2期の課題の一つである「スマート物流サービス」の研究開発項目として選定されました。

 実証実験では当社が提供する商流需給・物流需給のオープンプラットフォーム上で、製造企業と物流企業が運送依頼情報・車両の空きスペース情報を共有することで、余剰在庫の削減や車両の積載率向上、安定した輸送が得られるようになります。

セイノーホールディングスについてのお知らせ


 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の詳細は、以下をご覧ください。